公益財団法人 白山麓僻村塾

活動の記録

平成15年度[第12期]
平成15年6月23日/白峰 望岳苑

アートの世界5

真野響子
真野響子/女優。1952年生まれ。ドラマ、映画、雑誌等様々な分野で活躍中。2002ワールドカップ日本組織委員会理事。金沢大学非常勤講師。
 チェーホフの「桜の園」を思いがけずテレビで見た。懐かしかった。私の劇団員としての実質デビューがこの作品だった。当時22才の新人女優を宇野重吉さんが大抜擢してくれた。感謝している。時を経て、今は女優業だけでなく様々な仕事をし、いくつかの名誉職にも就いている。ある程度の年を重ねた女優にとって演技以外の仕事も大切だし、名誉職はある意味、社会への恩返しだと思っている。現在、W杯サッカー日本理事だが、実はこれはアートが縁だ。画家ド・スタールの作風を変化させたサッカーに興味を持ったのが結果としてこうなった。欧州へ行き、多くの美術館を巡ると感心することがある。日本では「受けない」と思うような地味な展覧会に多くの若者が足を運んでいることだ。日本にもいい作品がたくさんある。ぜひアートの旅を体験してほしい。